09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

作付勉強会 「第一部 高妻先生講演会」

2014.03.25 (Tue)

IMG_9643_s.jpg

作付勉強会の最終回は豪華2部構成です。最初に茨城大学教授の高妻孝光先生による「放射能と農産物~この3年間でわかった事~」講演が行われました。
高妻先生は震災後からほぼ毎日空間線量を測定されています。震災後の時の取組やその後の変化について具体的なお話をしていただきました。
写真は、プラケースと鉛の板で自作した測定器。震災直後に直売所で生産者と販売者と消費者が一堂に会して測定を行った時の様子です。関係する人たちが同じ情報を共有することが、測ってみたそのままの情報が伝わることがよかったということです。

IMG_9647_s.jpg

震災後から各地での測定を行っている高妻先生。当初不安な方が様々な憶測から心配する連絡もあったが「とにかく、実際に測りましょう。」と提案し現地で計測してみることが大切で。実際にそこへ行くと、なぜその測定値が出るのかという意味が分かり、総合的な判断や解釈ができることの大切さを教えていただきました。だから、今も継続的に研修室では海で測定したり、

IMG_9645_s.jpg
自分で釣あげた魚を計測されています。最近では相当低くなっているので頑張らなければ検出できないレベルであり、研究室で測定した範囲では海や魚からも検出したことはないということを伺いました。

また、たとえ農産物で偶然検出されたとしてもとても小さなつぶが一つついていたから検出されることがあり、普通に洗い流して測定すると出ないレベルでもあることが写真や測定結果などからも教わりました。

先生の講演で、現場へ行くことの大切さ、行ってみるとよくわかることがあること。実際に測りましょう。という言葉が印象的でした。測るんだけど数値だけではなく総合的な判断が必要なこと。

第二部のお米では、先生から貴重なご意見も頂きました。ありがとうございます。
12:58  |  講習会・会合  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://aomusiclub.blog.fc2.com/tb.php/129-08efe26d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |