05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

「直売所で所得倍増計画」第三回作付勉強会の開催 その2

2013.02.20 (Wed)

3回目になりました、作付勉強会です。
総合テーマ「直売所で所得倍増計画」。
二部に引き続き後半の内容ご紹介します。

IMG_3982_R.jpg

第三部は、トキタ種苗株式会社 丹伊田千恵さんの講演です。
「トキタ種苗の差別化品目・品種で差をつけろ」
小さくてカラフルに甘いぷちピーやイタリア野菜などの紹介をしていただきました。

IMG_3988_R.jpg

・ぷちピーの紹介。試食もありました。小さくて使い切りやすい。種が少ないので、加工調理しやすい。甘くてフルーツ感覚でよい。
・種が少なく採りにくいため種が高くなっていくので、苗で購入いただくとお得。
・栽培方法の解説。
・緑、黄色、オレンジ、赤の4色成長過程で彩りよく販売できる。しっかり育てれば1株100果くらい収穫できる。かわいいキャラクターのシールもあるので販売に使える。
・トマトベリーキューピット。ミニミニトマトの紹介。トマト黄化葉巻病の耐病性がある。
・栄養戦隊サプリガールズという全9種類のミニトマトの紹介。その中でお勧めなのが、緑色の完熟トマト「ミドリちゃん」。赤くなるリコピンが無い、リコピンレス品種。緑の見た目と異なり甘さが強くギャップがおもしろい。赤いトマトの袋へ一つさし色として入れて販売するのもよい。
・スティッキオの紹介。イタリア野菜たくさんある。ここ3年間くらい力をいれている。
・スティック状にして使いやすくしている。生でも加熱でも味わえる。生より加熱したほうが繊維質が軟らかくなる。ツナとニンニクと炒めると美味しく、魚にあう。5月中旬以降に播種する。
・専用の袋もつくり新しい野菜を伝えられやすくしている。
・イタリアのズッキーニは皮が軟らかくジューシー。皮にキズがつきやすいので市場に出回りにくいので直売所にはどうか。
・トウモロコシのミルキースイーツの紹介。さわやかな甘さ。皮が薄く生でも舌触りが良い。粒がそろう。さらに大きい品種としてミルキースイーツ88ST。根張りが強く倒伏に強い。
会場からは、ぷちピーの色による成長した大きさや形の違いがあることの問い合わせがありました。色によりちがいがあるため、大きさを見ながら摘果する方法をすすめられました。

IMG_4006_R.jpg

第四部は、藤田浩志さんの「ブランド野菜で所得倍増」。
各種メディア等で活躍中の藤田さん。会場からも「コッシーだ、話を初めて聞くから楽しみ」という会話も聞こえてきます。
・代々の米農家。自分で野菜づくり始めた。
・検査が当たり前になった。
・検査データがたまってきた、HPに掲載し、付加価値と考える。
・世界で最も安全性の確認された農作物を産出する地域となる。
・より品質を高め、替えのきかない価値をつくるべきだ。
・そして、美味しくなければだれも買わない。
・今まで通り技術磨いて情報を付加していくことが大切。それが、郡山ブランド野菜。
・自分の経営に組み込みやすい。米がメインなので、夏が種まけて手がかからないものとして、御前人参つくっている。
・皆さんそれぞれの経営タイプがあるので、自分の経営に組み込みやすいものを取り入れればよい。育て方のノウハウも構築してきているので、相談できる。皆で取り組んでいるので一人で取り組むより情報発信能力がある。
・怖がらずに外へ持っていく。おいしいので、みんな喜んで食べてくれる。
・一緒に情報発信等していきましょう。
・郡山はみんなが農業に触れることができる理想的な場所。
・ブランド野菜は感情移入しやすいのがよい。農業体験の重要性。
・震災後3年目が勝負。ベースができているところからぜひ、一緒に郡山青年会議所で頑張りたい。
・自分の裁量を活かせて、ブランド野菜のベースがある、情報発信できる拠点がある、ぜひ活かしてほしい。
・人前で話をするのが好き!
・再生、復興、発展へ。自信を持って農業をすることが大切である。
人前で話すのが好きな藤田さん、思わず聞き入ってしまう内容でした。ブランド野菜は各農家の経営スタイルに組み込みやすい点などをわかりやすく説明していただきました。

最後に副会長より、「郡山農業青年会議所では仲間を募集しております。ぜひ、一緒に活動しましょう!」と募集いただき勉強会が終了しました。



08:32  |  講習会・会合  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://aomusiclub.blog.fc2.com/tb.php/73-0961d969

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |